最新の無線機情報まとめ

無線機の有効範囲

無線機の有効範囲 免許不要の近距離無線機タイプだとだいたい~500メートル程、免許が必要な長距離無線機タイプだと日本全国に至るまで通話が可能です。
またその他電波に関する様々な環境によって有効範囲は変化します。
電波は直接通話相手や基地局とつなぐ「直接波」、曲がって障害物を避ける「回折波」、壁などに反射して電波を届ける「反射波」の三つがありそれらの複合で通話状況は変化します。
まずは中継アンテナの種類や高度、障害物があるかなどの地形条件、続いて天候条件は設定周波数が高いほど雨や雪の影響を受けるようになります。
夏場に発生する電離層が電波を邪魔することもあります。
トンネル内だとトンネルの直系しだいででる影響が変わります。
建物内では窓の有無やその建物の材質などでも変わってきます。
その他にも無線機の周波数や送信出力などの機器の性能によっても変わってきますし、通話方法、例えば1対1の通話よりも多人数での通話のほうが電波が届きづらい傾向にあります。

無線機の近距離、中距離、遠距離での使用について

無線機の近距離、中距離、遠距離での使用について 無線機には様々な種類があり、利用用途によって通信距離が異なります。
まず、近距離は屋内では1~2フロア、屋外では市街地は300m程度、郊外は500m程度、障害物無しは1km程度の距離を指します。
これは免許や資格は特に必要ないので、幅広い業種で用いられています。
購入してすぐにしようできたり、持ち運びしやすいので使いやすい無線機です。
また、中距離は屋内では~20フロア、屋外では市街地は1km程度、郊外は2km程度、障害物なしは見通し10kmの距離を指します。
これは免許申請手続きが必要になります。
主に業務用として用いられています。
そして、遠距離は国内の携帯電話のエリア内であれば屋内・屋外・ビル内・地下内のどこでもつながる距離を指します。
一般財団法人の移動無線センターが運営・管理する中継局を介した広域無線通信で、企業や自治体、官公庁で用いられています。
災害時でも安定した通信ができるので、非常通信用として導入している企業も多くあります。

新着情報

◎2019/5/16

無線機に許可は必要?
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

無線機の種類
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

無線機の活用法とは?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「無線機 通信」
に関連するツイート
Twitter

Ⅲ号戦車 I号戦車を造ったのち、きたるべき戦車戦術を考慮した主力戦車とすべく製造した中戦車である。支援戦車であるIV号とともに運用する構想であった。また戦車間での通信のため無線機を積んでおり、電撃戦が可能であった。 pic.twitter.com/Pnmgh8VZ6X

RCV関連でもう一つ 無線機絡みで装備品の更新について聞いたところ管轄が違うらしく、車体は普通科(?)、斧やシャベルは施設科、無線は通信科でわけられてるらしく、この無線機は導入時より二世代新しい物を使ってるとのこと(銘板は2013年と読めるのでコータム関連で良いのかしら) #週刊安全保障 pic.twitter.com/T1RC0ShnSb

Ⅲ号戦車 I号戦車を造ったのち、きたるべき戦車戦術を考慮した主力戦車とすべく製造した中戦車である。支援戦車であるIV号とともに運用する構想であった。また戦車間での通信のため無線機を積んでおり、電撃戦が可能であった。 pic.twitter.com/Pnmgh8VZ6X

奴らの無線機を使えば通信を拾えそうだ。俺はMakarovと接触してみる。

どうやら向こうの無線機も持ち帰っていたらしい。すぐ隣の部屋なのだろうか。しかも、彼は通信を切断していないようだ。本丸立ち上げ当初とだけあり、短刀が中心のようだが、次々と誰かが入ってくるようだ。「長義さんと連絡取れたんなら、その時点で言えばいいのに」「…それは、その…すまない」

アルインコ、無線機メーカーと言うより、建築足場、脚立、フィットネス商品で有名だな、元々は、大阪府高槻市の井上鉄工がその前身 確か、富山県の松下電器の協力工場の小杉電子を買収して、本格的に通信機分野に進出、まぁ建築現場で使うトランシーバー需要で無線機に進出かな? ニッチな商品多いな

Twitter🇯🇵倶知安⛄無線 ex.Jr8ach@JO3MAZ

返信 リツイート5 昨日 12:47

作りたいものリスト(メモ ①IFV ②ネットワーク電子戦装備及び共通装軌車体 ③共通ソフトウェア無線機 ④指揮通信車両 ⑤野外作業車両類 ⑥警備艇

Twitterイリヤおじさんʕ•ᴥ•ʔ🇺🇦@Pvt_Ilya

返信 リツイート2 昨日 12:29

まんばの返答を聞かずに通信を切った。「皆も聞こえたね?」無線機を見せながらそう確認すると、部隊の顔色は先程までとはうってかわって、希望に満ちていた。「…もっちろん、探すよ!」「…なんてところに飛ばされてんだ、山姥切の旦那」「俺は向こうから行く」口々に言うとばらばらに行動を始めた。

長義くんはしまっておいた無線機を取り出す。「…応答願う。いるんだろう?」無線機通信をメモしておいた電波に合わせると、ザーッというノイズにまじって声が聞こえる。「山姥切?出陣って…」その声に、長義くん以外の部隊の皆が驚いた。「今の声…」「山姥切さん?」「別の本丸なんじゃ…?」

返信先:@l_i_b_n ってことはwifiは飛んでないじゃねーかw 無線機持ち込まないとだめか… 精神と時の部屋で携帯弄ってたらすぐ通信制限かかるよな、って話