最新の無線機情報まとめ

無線機の免許・資格とは?

無線機の免許・資格とは? 無線機を扱う際、これらが必要になる場合があります。
資格を得るには国家試験を受けるか養成課程講習会に参加しなくてはいけません。
種類としては「総合無線通信士」1~3級、「陸上無線技術士」1,2級、「海上無線通信士」1~4級、「航空無線通信士」、「アマチュア無線技士」1~4級、「特殊無線技士」は「陸上特殊」1~3級、「海上特殊」1~3級、「国内電信特殊」「航空特殊」「レーダー特殊」があります。
続いて無線機の免許についてです。
出力1ワット未満のものを使うのであれば申請は不要ですがそれ以上だと必要になります。
基本的にレンタルで使用する際にはこれはいりません、1ワット以上の場合もレンタル会社が申請してくれる場合が多いからです。
申請は書類を指定の場所に送るだけですが使用する無線機の種類によって「免許局」や「登録局」、もしくはその両方に書類を送らなければならないものもあるのでしっかりと使用する無線機についてよく理解して書類を送りましょう。

無線機を使うのに免許は必要か、不必要か?

無線機を使うのに免許は必要か、不必要か? 個人、法人で無線機を購入する場合、総務省に無線局免許状の申請をする必要があります。
また、出力が1W未満の無線機であれば免許なしで使うことができます。
特定小型トランシーバーと呼ばれるもので出力0.01Wと小さいものになります。
出力5Wの簡易業務用無線機を購入して使用する場合、総務省に届け出をして許可が出てからでないと使うことができません。
無許可で使用した場合は電波法違反となってしまいます。
ただし、レンタル会社やリース会社からのレンタル・リースの場合は、その会社が届出をしているのでそれを使う場合の免許の取得は不必要です。
会社や学校などのイベントで無線機を使う場合は、購入するよりもレンタルやリースをした方がお得です。
トランシーバーやインカムといった機器の種類も豊富に取り扱っている会社が多いので、使用する目的に合わせたものを使うことができるでしょう。
継続して使う予定があるのであれば免許が不必要な出力が1W未満のものを購入しましょう。

新着情報

◎2019/2/15

無線機の種類
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

無線機の活用法とは?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「無線機 免許」
に関連するツイート
Twitter