無線機の種類

無線機の種類

無線機の種類 現代社会のあらゆる場において無線機というものが使われているようです。
主に仕事の場面において使われています。
無線機にはいくつか種類があるようです。
それは仕事の場面がどの様かによって使い分けられてると思われます。
例えば、労働現場で派遣社員やアルバイト社員などの非正規社員を管理、監督する社員が持って使うということがあります。
無線機によって、他の現場にいる社員と派遣社員などに聞かれないようにやり取りをすることが出来ます。
また、自衛隊などの仕事の場面でも使われているようです。
この場面は、労働現場の社員の場合よりも専門性が高く緊急性が高い場面と言えるかもしれません。
なので、ここで使われるものは労働現場で使われるものより機能的で性能が上のものになります。
この無線機を使う際には免許が必要とされています。
法律で使う時には持つように定められているらしいです。
免許を取るためには申請する手続きが必要になるようです。

無線機での特定小電力の近距離用と広域用無線通話

無線機での特定小電力の近距離用と広域用無線通話 無線機には、近距離用と広域用、超広域用などがあります。
近距離用には特定小電力電波を用いて、数百mの範囲での通話が可能です。
中継器を用いると、1Km以上の範囲で送受信出来ます。
広域無線用には、一般に1W~最大5Wの出力を持つ業務用無線の無線機が使われ、ライセンスの取得が義務付けられます。通話範囲は数Km最大20Kmの範囲で利用可能で、基地局経由の通信になります。公共性の高い、地方自治体や消防、ガス、電力、鉄道、通信などの事業者には、特定の周波数を割り当てられて、免許される基地局を持ちます。
超広域用は、広域無線通信でMCA(Multi-Channel Accessの略で、多チャンネルアクセスの意)方式で複数のチャンネルから空きチャンネルを利用して通信する無線方式で、基地局を持ち、国内の領域で通信出来ます。
特にBCP(Business Continuity Planの略で、事業継続計画の意)の災害時の緊急事態に備える危機管理に、MCA無線は安定した通信が可能であるとして企業や自治体などで採用されています。

新着情報

◎2019/7/10

無線機で使用できるイヤホン
の情報を更新しました。

◎2019/5/16

無線機に許可は必要?
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

無線機の種類
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

無線機の活用法とは?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「無線機 申請」
に関連するツイート
Twitter